FC2ブログ

まつお研究所
Trudrの食用羊
08 « 123456789101112131415161718192021222324252627282930» 10

FC2カウンター

ブログ内検索

おしえてアミストル

プロフィール

はなみがわ

Author:はなみがわ
所属: まつお研究所

ROSNS: はなみがわ







最近のトラックバック


Copyright
© Gravity Co., Ltd. & Lee MyoungJin(studio DTDS). All rights reserved.
© GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
当コンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
/ --/--/--(--)--:-- /
/ スポンサー広告 / / /
キャラクタースロット並べ替え最適化
「キャラクタースロット移動チケット」の実装が近づいています。

純粋にこのチケットを使い、並べ替えを行なおうとしたとします。
1,2箇所交換するといった簡単なものであれば、そう難しくはないかもしれません。
しかしながら並べ替え箇所が多いと、並べ替えたい任意の場所に移動できないといったことも起こりそうです。
その理由は、このチケットが任意並べ替えではなく、2箇所の交換しか行なってくれないためです。

普通のパズルゲームなら時間をかけて取り組めば良いのですが、
「キャラクタースロット移動チケット」には一枚100,000zというコストがかかります。
適当にやると、コストが無駄にかさむ可能性があります。


そこで、最適な並べ替え順を計算機に計算させることを考えます。
並べ替え(sort)は、計算機の実用分野、学習分野ともに頻出のテーマです。

並べ替えを行ないたい全12キャラに、①~⑫の番号札をつけたとして、
この番号札順に並べ替えを行ない、その並べ替え順を表示すれば
実際の並べ替え作業に利用できるはずです。

元のキャラに、このように並べ替えたい順に札をつけて
②⑦③⑪④⑤⑫⑥⑧①⑨⑩

 ↓

このように並べばよいですね
①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫


以下、その筋の人向けの記述です。

ソートのアルゴリズム(プログラムの理論設計書)にはいくつものタイプがありますが、
そのまま適用するには最適化されているとは(たぶん)言えません。

・要素数が12(有限)であり、一般的なアルゴリズムをさらに最適化できる可能性がある。
・「キャラクタースロット移動チケット」の仕組みの制約から、適用可能なアルゴリズムは、in-place型、2値交換型に限定される。

この辺を念頭に最適化されたアルゴリズムができれば完成も同然。
あとはJavaScriptあたりで実装すればOKです。








つまり、まだできてないんだよ \(^~^)/
/ 2012/06/19(Tue)13:34 /
/ / / /
/ まつお研究所 /

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。